アメフト反則と謝罪と許容

監督からのパワハラ、いや強要に近いか。しかし、自分の犯した過ちを悔い、謝罪し償いたい。しかし、自分の罪を隠すために隠蔽しようと・・・。本来、学校とは子どもたちや若者が、様々な経験し、生きる力を身に付けていけるよう、失敗しても、間違いを犯しても、見守り、正しい道を見失わないように、支えるのが、教師の取るべき道なのだと信じている。

人は誰もが過ちや失敗をします。それに気付き、反省し謝罪し、正しい道を生きようとするなら、許すとかではなく、認め支えあえる社会であってほしい。

新規情報

8月20日

ブログ

 

新型砂防堰堤

お問い合わせは

NPO法人まちの防災研究会

事務局

〒914-0047

福井県敦賀市東洋町1-1

   プラザ萬象2号室

TEL:0770-47-5028

FAX:0770-47-6029

Email:

  machibousai@live.jp

毎週月曜日は休館日のため事務局は休みとなります